インプラントで自分の歯を取り戻そう?

近年歯科医療では、インプラントによって失った歯を回復できるようになりました。

もちろん、失った歯そのものが再び生えてくる訳ではないのですが、咬合力、審美性の回復には十分成果を挙げています。

歯科におけるインプラントとは人工歯根を差し、これを下顎の骨に直接植立することによって、失った歯の根の部分の代わりするものです。

そのため、入れ歯のようにいちいち取り外さなくてもよく、より天然歯に近い食感が得られ、まるで自分の歯のように扱うことができるのです。

さらに、抜歯などによって完全に失われた歯牙であっても有効に作用し、噛む力や見た目を回復することができます。

togetter情報選びに特化したポータルサイトです。

このような理由で、近年では多くの需要があり、一般の歯科医院であっても口腔外科として行われるようになりました。

仙台のインプラントについて紹介しています。

また、審美歯科でも使用されるケースが数多くあります。天然歯列が乱雑で、歯科矯正を考えている方にも有効であるため、活躍の幅は他分野に渡っています。


現在日本は、高齢者率が国民の21%を超える超高齢社会になっていますが、歯牙の寿命はおよそ65歳であり、平均寿命よりはるかに短いと言えます。
つまり、我々は生涯自分の歯だけでは食事していくことができないのです。

横浜の医療レーザー脱毛のことならこちらをご活用ください。

さらに、歯牙の特性として、一度失った歯は決して自己回復することがないため、人工的に回復するしかありません。

自身の歯が失くなってしまった後の生活において、自分らしく生きていくためにインプラントの使用も必要なのかもしれません。